ロゴ

播磨国風土記の里 加西

加西をめぐる、時代を翔る。

TOP > 能と狂言

播磨国風土記と能・狂言

1.事業目的

平成27年は播磨国風土記が編纂されて1300年にあたります。これに合わせ、加西市が取り組む播磨国風土記事業の基本構想の1つである、未来に向け、芸術文化の発展、地域の活性化を図ることを目的とする「ふるさと加西 創生」事業として、1300年祭において能と狂言を上演しました。播磨国風土記に記載された古の世界を日本の古典芸能である能や狂言を通して現在に蘇生させ、郷土に対する誇りと愛着を育み、同時に加西市における能と狂言の普及と定着を図ります。
能・狂言とも播磨国風土記1300年祭にあわせて書きおろしていただく作品で播磨地域の財産として引きついでいきます。

2.事業概要

平成27年5月に開催した播磨国風土記1300年祭において、笛方藤田流十一世宗家の藤田六郎兵衛さんを総合プロデューサーとし、哲学者の梅原猛さんが播磨国風土記を題材に脚本を手掛ける新作能と狂言師で俳優の野村萬斎さんが、加西市に伝わる風土記恋伝説「根日女伝承」を題材に監修・演出した新作狂言を上演しました。以降、毎年5月に「加西能」と題して、能・狂言の舞台上演を行います。

(1)こども狂言塾の開催

狂言師の野村萬斎氏による「こども狂言塾」を開設します。日本の古典芸能である狂言の加西市への定着を目指し、野村萬斎氏や万作の会の狂言師の方々から直伝で学び、演じてもらうプログラムです。この狂言は、播磨国風土記に記された玉丘古墳に眠る根日女を題材にした新作狂言(野村萬斎氏監修・演出)で、こどもたちが1年間お稽古を積み、毎年5月に開催する「加西能」で発表します。

(2)加西能の開催

平成27年5月に開催した播磨国風土記1300年祭から始まった加西市能・狂言プロジェクトの一環として、観世銕之丞氏に特別顧問になっていただき、毎年5月4日に日本を代表する能楽師の方々にお集まりいただき「加西能」を開催します。

プロフィール

●観世銕之丞●

観世銕之丞

観世銕之丞(かんぜ てつのじょう)
シテ方観世流観世銕之丞家九世当主。昭和31(1956)年、八世観世銕之丞静夫(人間国宝)の長男として東京に生まれる。伯父観世寿夫、および父に師事する。
1960年 4歳で初舞台
1964年 初シテ『岩船』
1974年 『石橋』を披く
1983年 『翁』を披く
2002年 九世銕之丞を襲名
2003年 襲名披露能で『當麻』を舞う
2008年 平成20年度(第65回)日本芸術院賞を受賞
2011年 紫綬褒章を受章
重要無形文化財総合指定保持者。公益社団法人銕仙会代表理事。公益社団法人能楽協会理事長。著書に『能のちから』。 京都造形芸術大学評議員。都立国際高校非常勤講師。
銕之丞家の当主として、また銕仙会の新棟梁としてこれからの能界を担う存在として期待されている。力強さと繊細さを兼ね備えた謡と演技には定評がある。東京および京都、大阪でも活躍するほか、海外公演にも多く参加している。

●野村萬斎●

野村萬斎

野村 萬斎 のむら まんさい
1966年生。祖父・故六世野村万蔵及び父・野村万作に師事。重要無形文化財総合指定者。
3歳で初舞台。東京芸術大学音楽学部卒業。「狂言ござる乃座」主宰。国内外で多数の狂言・能公演に参加、普及に貢献する一方、現在劇や映画・テレビドラマの主演、舞台『敦―山月記・名人伝―』『国盗人』『子午線の祀り』など古典の技法を駆使した作品の演出、NHK『にほんごであそぼ』に出演するなど幅広く活躍。各分野で非凡さを発揮し、狂言の認知度向上に大きく貢献。
現在に生きる狂言師として、あらゆる活動を通し狂言の在り方を問うている。94年に文化庁芸術家在外研修制度により渡英。芸術祭新人賞・優秀賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、朝日舞台芸術賞、紀伊国屋演劇賞、毎日芸術賞千田是也賞、読売演劇大賞最優秀作品賞等を受賞。世田谷パブリックシアター芸術監督。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開会式・閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター。

TOPに戻る